一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

 

レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。



一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:2021/05/31

成人女性が、24時間に必要とするカロリーは
1800カロリーが平均なんだそうですが…
皆様ご存知でしたか?

でも、
自分の基礎代謝以下に摂取カロリーを落とせば、
ダイエットに成功する!というのは、
実は大きな間違いなんですよね!

闇雲にカロリーに気を使い、
食事制限するだけのダイエットでは、
リバウンドのリスクが高まり、痩せたとしても一時的なことで、
肌や髪、爪のコンディションまで悪化するだけです。

ひどい場合は貧血のような、
肉体の内部の問題にまで発展していきます。

さらに、体重と一緒に筋肉も落ちてしまい、
必要とする栄養も不足し、痩せにくい肉体になってしまうんですよね。

カロリーの高さにばかり気を取られていると、
ダイエットに成功したとしても一時的で、
痩せた状態をキープさせることは難しくなってしまうのです。

なので、
面倒であっても、自分で工夫しながら食事を作ることが、
ダイエット成功の秘訣につながるわけです。

そのためには、食べ物についての知識も必要です。

例えば、どんな食べ物が、
肉体にどのような働きをする栄養素や成分が含まれているかを知っていれば、
メニューや料理方法が考えやすく、
また腹八分目でも満足できる食事が思いつくようになります。

痩せやすい肉体にする為には、脂肪は落とし、
筋肉を鍛える必要があります。

これは筋肉が過剰に摂ったカロリーを燃焼させ、
太りにくい肉体にしてくれるからです。

引き締まったスリムな肉体を目標にダイエットをするなら、
土台になる筋肉が必要になっていきますので、
食事の内容も、十分に筋肉が動かせるよう、
栄養を肉体が吸収できるように心掛けましょう。


ホーム サイトマップ
レーシックでの視力回復について レーシックで老眼も治療可能 術後の安定までの日数 レーシック後には感染症に注意