レーシック後には感染症に注意

レーシックにおきましては、手術が終わった後はしばらく目を清潔に保ちながら日々の生活を送る必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。 レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。
レーシックの手術を受けた後には、手術をした切り口が正常に近くなるまで意識的に目を清潔に保って生活をしましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。

 

感染症と呼ばれているものは、レーシックの手術をしたことによる副作用であったり、または拒絶反応ということではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。



レーシック後には感染症に注意ブログ:2021/04/26

最近、
置き換え減量というのが流行っているみたいで、
実際に試してことがある人も多いんじゃないでしょうか?

低カロリーの減量食品を
食べる事の代わりに置き換えて、
食べる事制限をする減量方法…

そんな置き換え減量を実践した人が、
あたくしの周りにも結構います。

ある友人は、
午前中食の代わりとして
減量ドリンクを飲むことにしました。

毎日きちんと午前中食を摂るタイプの人でしたが、
この減量ドリンクだけにしてからは、
仕事中もなんだかボーっとしてしまい
頭がよく働いていないという感じだったそうです。

それでも14日間ほど頑張って続けてみたものの、
めまいや頭痛が起こってしまい、顔色も悪くなってしまったので、
減量効果を実感する前にやめてしまったそうです。

また別の友人の場合は、
成功率が高いと評判の減量食品を購入してみましたが、
ドリンクタイプもスープタイプもとてもまずくて、
匂いもその人には苦手だったそうです。

そんなまずい食べる事なので、
ストレスが溜まってしまい、結局長くは続かなかったそうです。

金額的にもかなり高価な減量食品だったので、
ものすごく後悔していましたよ。

このように、
確実に痩せることができるなどと宣伝していますが、
実際はそんなに簡単にはいかないみたいですね!

簡単にすぐ痩せられる
減量方法などはないと思いますから、
宣伝文句に惑わされずに、地道に頑張ることが大切だと思います。

気長にコツコツとストレスを溜めずに
減量しましょう。


ホーム サイトマップ
レーシックでの視力回復について レーシックで老眼も治療可能 術後の安定までの日数 レーシック後には感染症に注意